「命を飲む」 光流道場の由来

「コルー」の由来:

 

光流(コルー)道場の「コルー」とはマオリ語で”シダの若芽の渦巻き”を表し、“新しき始まり、進歩向上、創造、調和”等を意味し、“生命”を象徴しています。


ドーム道場:

 

三角形(三位一体)からはじまり、五角形(五芒星)と六角形(六芒星)が統合されたドームハウス(八芒星)は、物理的なあらゆる自然災害にも強く、型霊(かただま)としてピラミッドのような特殊な磁場を内部に生み出し、中にいる生命体の心身を癒し、成長させるだけでなく、目に見えないエネルギーの世界でも、宇宙からの電磁波や地球上の様々なネガティブエネルギーから住宅内を守るシステムになっています。


聖なる山「ヒクランギ」
聖なる山「ヒクランギ」

ミル・クリークの別名=命を飲む所: 

             

コロマンデル山中に端を発する清流(飲み水)はコルー道場の敷地内を流れてミルクリークに合流しています。

そのミルクリークは、別名「オウヌオラ」(マオリ語で“命を飲む所”)と言われており、沢山のシンクロニシテイーが起きています。

 

道場から西に見える、富士山に似た山フォッグヒルは、ミルクリークを見下ろす、聖なる山”ヒクランギ“と呼ばれています。

 


聖なる山「ポータマ」
聖なる山「ポータマ」

古代先祖の叡智 : “マナテプナ”  

 

道場敷地内南側に位置する聖なる山“ ポータマ”天国への階段という意味)は“超古代の叡智”(マナ・テプナ)が宿っている所であることがわかったある出来事がありました

 

5歳の白人の子供に、ある日聖霊が降り、習ったこともないマオリ語で“何時でも上ってきなさい!”と伝えてくれたのです。

これは、いつでも高い次元に登って来なさい。」との啓示と受け止められました

この場所において、超古代人は神人交流の地場を作り祭祀を行っていたようです。

 

頂上には信じられない様な巨岩がありますが、これらの巨岩は現代の最新技術を持ってしても動かす事はほとんど不可能といわれます、、、超古代人は重力制御などの超技術を持っていたのかもと、、、いう推測も信じることが出来ます。

 


清流の4つの滝:

 

コルー道場下を流れる清流には上流に

4つの滝が掛かっています。

@合気の滝 @龍宮の滝 

@身そぎの滝 @奥義の滝

と命名しました。

 

直ぐ道場下の太鼓型の「合気の滝」

 

マイナスイオンが充満している

落差約5mの最大の「龍宮の滝」

 

 

 

 

樹齢300年巨樹カウリが見下ろす

「禊の滝」、そして、

 

 

 

 

原生林奥深くにある「奥義の滝」

などが今までに見つかっています。

 

 

合気の滝
合気の滝
龍宮の滝
龍宮の滝
禊の滝
禊の滝
奥義の滝
奥義の滝

カウリの巨樹
カウリの巨樹

龍樹菩薩:                    

禊の滝を見下ろす位置に生育している樹齢300年のカウリの巨木は,1975年に住吉大神 (龍樹菩薩)からイメージを与えられたが、98年に導かれるようにしてミル・クリークに 移る決意をした数年後に発見されました。

 


白龍(木の根)
白龍(木の根)

白龍: 

2007年道場下の地中から発掘された“飛龍”の形の木の根は、光流道場の床の間に 白龍大明神 として供えられるために現れたかのようです。

 

 

 

 


五龍石
五龍石








天の岩戸開きの

「五龍石」               

2009年9月9日に発見されたエネルギーの高い五つの巨大なストーンサークル
(周囲約15m)を「五龍石」と命名。 

 

『五龍石』の各岩に付けられた名称。

”希望” ”愛”  ”創造”  ”調和” ”ワンネス”

「確かにエネルギーは凄いです。画像を見ているだけで、脳から頭頂にかけて、しびれるような感じになります。手をかざしても、ビリビリ感じますから、霊験あらたかな岩だと思います。この岩の周辺は、パワースポットになることは確かです。これらの五つの岩のレベルの高さからも見ても、人々の心の岩戸を開く為に今の時代まで、待機していたのかもしれませんね。これらは「コルー道場」に引き寄せの法則で集まる人々のオーラのチャクラを活性化し、人々の「心の岩戸」を開き、真の力である「大いなる自己」に至ることができ、あらゆる願望を実現する為に今まで眠っていたのではと思われます。」  (鈴木公一氏、奇跡の能力開発、成功塾)

 


龍園の氣エネジー:

「五龍石、龍宮の滝付近はパワースポットとしての一種の聖地の氣が感じられる。」
(村田昌謙博士、 星風会代表)

 


引き寄せられて来た出来事:

 

1)「光流道場」看板

  2009年9月、愛知県犬山市の書道芸術家伊藤鶯村女史の訪問を受け念願していた看板を揮毫して頂きました。

2)「合気神社の瓦」

茨城県岩間にある植芝盛平翁の建設された合気神社の屋根瓦、円の中に桜の花が込められた家紋が2010年光流道場に到着しました。

3)「テイーピー神社建つ」

念願していた庵が“テーピーシュライン”となって五龍石の隣に建てられました。静かに座り世界平和祈願、神癒祈願も出来る所となりました。

4)「たまゆら、氣の玉」

2010年10月頃から

龍宮の滝付近で撮れたオーブ、

2011年11月「五龍石」にて

映し出された、動画“たまゆら”

 

イヤシロチ

 

 イヤシロチ(弥盛地)はエネルギーが高い土地で、活性化された環境=快適で居心地の良い場、空間になります。此の土地は、マイナスイオンが豊富で電子が集まり、地磁氣が高く、還元電位場になります。

 ミネラルもバランス良く豊富で、善玉微生物優勢地ですので、自浄能力も高く、有害菌や悪臭は発生しません。

 このような場、空間は、空気がすがすがしく、清らかなため、身体はリラックスし、心も穏やかになります。結果として良い思い、良い氣良いエネルギーが満ちていますから、呼吸はゆったりし、脳波も安定し身体が柔らかくなり、力も強くなり、健康な状態を保持し易いといえます。

 ですから、多くの人が集まってきます。

 

ゼロ磁場

 

  ゼロ磁場とは、陰、陽の交わった所で、エネルギーが調和してゼロ磁場のゼロは決して無ではなく、バランスの良いエネルギーが存在するということです。電気通信大学、佐々木先生は、著書「「見えないの」を科学する」(サンマーク出版)の中で、ゼロ磁場に対して一つの仮説を立てられています。その仮説とは、ゼロ磁場は私達が住む世界と、より高次元な世界との接点であり、そのような場所にはある種のエネルギーが生じている。私たちは「縦、横、高さ」の三次元の世界に住んでいます。そしてこれに「時間」を加えた四次元の世界の法則に則って生きていますが、これよりさらに高次元の世界があり、ゼロ磁場はそことのアクセスポイントになっている。そしてゼロ磁場には、より高次元の世界からエネルギーが注がれている。そのエネルギーこそ、ゼロ磁場を訪れる人を癒し活力を与え、不思議な能力を目覚めさせる源泉である、、、。

これが佐々木先生の主張です。(奇跡を呼び込むS氏の能力開発)


『パワースポット、ボルテックスについて』


 パワースポット巡りはブームになっています、でも、その本質を自覚しているのはごく少数ですね。

ボルテックス(渦巻き)とは、大地から強いエネルギーが渦巻きのように、放出されている場所のことをいいます。

世界各地にある有名なボルテックスは、いいわゆる聖地とかパワースポットと呼ばれている場所です。

ボルテックスのエネルギーには特徴があり、それぞれ女性性と男性性に分けられています。内に向くか、外に向くかです。両者はやがてエネルギーの流れとして陰陽が統合されていきます。

陰の女性性は、磁気のエネルギーが強く、エネルギーは大地へと向かう下向きの流れで、自分の内へと入っていきやすく、疲れた体や、傷ついたハートを癒します。母なる大地にやさしく抱かれる感じです。

陽の男性性は、電気のエネルギーが強く、エネルギーは大地から空へと向かっていく上方向の流れで、自分のハイヤーセルフや宇宙の大いなる知恵とつながりやすくなります。これからの自分のビジョンを具体的に見るのを促します。癒しというよりも、前に進んでいく原動力をつかむところです。父から背中をぐいっと押される感じです。              (能村聡)



 

 超古代の叡智が現代によみがえった! 聖なる空間 

「ゼロ磁場」が 此処(コルー)光流道場の

「五龍石」ではないかと思われます。